FC2ブログ

うろぱす副船長のYAHOO映画レビューの加筆・修正

右寄り保守系軍事オタクの映画評。感想は辛口ですが映画への愛情の裏返しです

ドイツ映画「スターリングラード」の感想

スターリングラード

酷寒の戦場の絶望感が悲しくも壮絶、そして圧倒的な臨場感と緊迫感の連続
これぞ戦争映画の一つの完成形、ドイツ映画の至宝。ラブロマンス優先の邦題同名ハリウッド映画なんかドイツ版の足元にも及ばない


うろぱす副船長評価 99点
2016/1現在 YAHOO映画レビュー得点 4.07点


後年、ジュード・ロウ主演で製作された邦題同名のハリウッド戦争映画の方が日本では興行的にもヒットし知名度が高いのですが多くの戦争映画ファンの間では戦争映画としての評価は断然、93年に公開されたドイツ版の方が上です。

もちろん日本ではドイツ映画はほとんど公開されない。ドイツ映画の監督や俳優の名前もよほどの映画通でないと知らない。
有名スターが出演するハリウッド作品と比べる事自体が酷とも言える。しかし、ドイツ版「スターリングラード」は戦争の現実を直視した稀の傑作として高く評価したい。

本作と比較すればサム・ペキンパーの「戦争のはらわた」でさえ何となく漫画的に見える。
これはドイツ人とアメリカ人(特にハリウッド文化)との民族性、文化性の違いだろう。

ドイツ人の生真面目な性格は戦争をドラマチックに描く事が出来ないのだ。
戦争は冷酷で残酷、戦場にはロマンも恋愛も存在しない、というのが時代を問わずドイツ人の考え方なのです。
それはドイツ人が製作した数々の戦争映画を見れば理解出来る。旧西独時代の「壮絶”第六軍の最期」、「Uボート」もハリウッド映画に慣れた日本人が見れば重すぎて興行的にはヒットしそうもない。東西ドイツが統一後に製作された「スターリングラード」も同じです。

私に言わせればハリウッド版「スターリングラード」でさえ日本の萌え系映画「真夏のオリオン」や「ローレライ」よりは数段マシだったがアメリカ人は戦場でもラブロマンスを描いた。「パールハーバー」でも同様だった。今でも年がら年中戦争しているアメリカ人より日本と同じく事実上戦争を放棄したドイツ人の方が戦争に対して現実的なようだ。

繰り返しになりますが現実を直視し重すぎるドイツ戦争映画は一般の日本人観客には受けないだろう。
評価するのは私のような右寄り保守系軍事オタクだけだ。ネット上の映画評を見てもハリウッド版の評価は意外なほど高い。一般の観客がどの様な戦争映画を望んでいるのか、よく分かるというものです。

少し前置きが長くなりましたがドイツ版「スターリングラード」は市街戦、雪原の戦闘シーンが秀逸で素晴らしい。
懲罰部隊が軽装備でソ連軍と闘うシーンは戦争映画の教科書的映像と言えるでしょう。

もちろんドイツ映画なのでドイツ軍側の考証は完璧であり軍事マニアの厳しい視線に十分応えられる。特に冬のロシアの凍えるような寒さが画面から伝わってくる。「八甲田山」を見た時と同じ感覚だ。

「スターリングラード」はトマース・クレッチマンの出世作でもある

stqw1.jpg


日本でも最も知名度が高いドイツ人俳優は本作で主人公のヴィッツラント少尉を演じたトーマス・クレッチマンだがこの映画が彼の出世作となった。彼はその後も数多くの映画でドイツ将校を演じておりトム・クルーズ主演の「ワルキューレ」では反乱軍を鎮圧するレーマー少佐を演じた。

本作に数多く登場するキャラクターの中で忘れられないのが眼鏡をかけた冷淡な将校。
コイツが陰険な奴で会社でこんな上司がいたら毎日毎日頭が痛くなるような野郎なんです。まぁ、幸いにしてウチの会社にはあんな奴はいないが・・・

補足
1)ソ連軍の女性兵士を演じたダーナ・ヴァブロヴァは2009年に41歳の若さで亡くなったそうです。

2)この映画の戦闘シーンはポーランドで撮影された。
ソ連軍戦車としてT34/85が登場するが、もちろん実際のスターリングラード戦ではこの戦車はまだ登場していなかった。

3)いつの時代でもドイツ軍将校がはまり役の俳優は必ずいるものだ。
現在はトーマス・クレッチマンだが往年はやはりドイツ人だったヴォルフガング・プライスやカール・オットーアルベルティが忘れられない個性的なドイツ将校を演じた。

4)ところでトーマス・クレッチマンは東ドイツ出身(西独に亡命した)
アンゲラ・メルケル首相は西独ハンブルグの出身だが父親の仕事の関係で幼い頃に東独に移住し東独の大学を卒業した。東西統一後、西独出身者が優越し東独地域は差別されるのかと思っていたが首相やハリウッド映画でも活躍する俳優までもが旧東独側から輩出されている。ドイツ人は実に寛容な民族なのです。

5)ドイツ語では単語の末尾の”d”は濁音を発音しない。
”ドイッチュランド”は誤りで”ドイッチュラント”が正しい読み方。やはりスターリングラート、が正しい読み方ではないでしょうか・・・
スポンサーサイト



  1. 2016/01/30(土) 19:32:10|
  2. 映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

映画「東京オリンピック」の感想

東京オリンピック

記録映画の最高傑作、半世紀前の東京が見事に描写される

2016/1現在 YAHOO映画レビュー得点 4.03点
うろぱす副船長評価 100点

散々揉めた五輪会場も最終案が決定、公式エンブレムも間もなく決まりそうです。
2020東京五輪もいよいよ本格的に準備がスタートしそうですね。

五輪の決定はプレゼンでのフランス語のスピーチが非常に重要だと言われています。今回、東京に決定した最大の功労者は文句なしで滝川クリステルさんでしょう。

ところで前回1964東京五輪を記録した市川崑監督の「東京オリンピック」はそれ自体が非常に有名な作品であり敢えて紹介するまでもありません。戦後日本の2大イベントである東京五輪と大阪万博ですが私は東京五輪は全く記憶がありません。大阪万博は家族や親戚と実際に見学したので今でも記憶に残っています。

そういう訳なので私も1964東京五輪は映像を見るしかないのですが「東京オリンピック」は最高の映像資料と言えますね。
何せ記録映画なのにこの作品には脚本が存在。当時の日本を代表する一流カメラマン150人以上が参加、この映画の為に開発された最新型のカメラやレンズ、「東京オリンピック」には数々の伝説があります。

今見てもとても半世紀も前の出来事とは思えないほどのリアル感、緊張感が圧倒的に素晴らしい。
本作の中でも特に秀逸なのはやはり男子マラソンですね。男子マラソンでは東京都内の情景や無数の見学者たちも映し出しています。当時の世相が手に取るように伝わってきます。

本作はまだ見ていない若い世代の方にもご鑑賞を強くお勧めします。
  1. 2016/01/13(水) 19:02:45|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

映画「竹取物語」の感想

竹取物語

1987/9公開
監督:市川崑 特撮監督:中野昭慶
出演:沢口靖子 三船敏郎 若尾文子 石坂浩二 中井貴一 岸田今日子
名匠・市川崑にしては創造力に欠落した駄作凡作・ハリウッドSF映画の亜流としか言いようがない

2016/1現在YAHOO映画レビュー得点 3.56点
うろぱす副船長評価 35点

昭和62年に公開された市川崑監督作「竹取物語」
劇場で本作を見た私はあまりの駄作凡作ぶりに呆れ果て唖然として開いた口が塞がらなかった。

市川崑と言えば日本を代表する名監督の一人であり私も大変敬愛していたのだ。特に東京五輪を記録したドキュメント映画「東京オリンピック」は日本映画史上に燦然と輝く普及の名作であり私も生涯忘れることが出来ない感動を受けた。

しかし、「竹取物語」は同じ市川崑が監督したとは思えないほどの駄作凡作であったのである。
一例をあげればこの映画では宇宙船が登場するのだがまるでハリウッドSF映画のパクリとしか言い様がないほど発想力に欠けた代物だったのだ。

「スター・ウォーズ」、「未知との遭遇」、「E・T」・・・・
「竹取物語」はそれらを丸写し・ハリウッド亜流丸出しであることが一目瞭然です。映像人としてのプライドなの全く感じられない。

ところで80年代、日本のアニメは「機動戦士ガンダム」や「銀河英雄伝説」など世界中に感動を与える素晴らしい作品を創り出していた。他の追随を許さない独自の発想力は日本の至宝であった。だが、「竹取物語」は月とスッポン、雲泥の差があった。

これでは年末に放送される「たけしの超常現象スペシャル」に出てくる得体の知れない超常現象肯定派と同じだ

そもそも、かぐや姫が宇宙人だった、なんて3流オカルト雑誌と同じ発想ではありませんか・・・
我が国が誇る古典的文学の「竹取物語」を冒涜していますよ。どう考えたって「竹取物語」に宇宙人や未確認飛行物体が出てくるなんて通常の人間の発想を悪い意味で逸脱してしまっている。あの未確認飛行物体を見た時、私はショックで腰が抜けましたね。これが「ヤマト」や「ガンダム」を生んだ日本人と同じ民族の発想なのかと・・・

更にこの映画の中で三船敏郎、若尾文子ら日本映画界を代表する俳優が出演しているが貧弱な映像の中で全く浮いてしまっている。繰り返しになるが特撮技術がハリウッドに匹敵していればせめてもの救いだが比較するのがハリウッドに失礼なほど稚拙。

先日もBSテレビで放映されていたが久しぶりに見て思わず自分が赤面してしまった。
  1. 2016/01/07(木) 21:30:29|
  2. 映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

プロフィール

うろぱす副船長

Author:うろぱす副船長
うろぱす副船長と申します。
以前からYAHOO映画レビューを書かせて頂いておりますがYAHOO映画では過去記事の訂正や加筆・修正が出来ないのでこちらであらたに書き直したいと思っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

自己紹介 (3)
映画 (117)
テレビドラマ (2)
最新映画 (12)
芸能人 (43)
未分類 (5)

カテゴリ

自己紹介 (3)
映画 (117)
テレビドラマ (2)
最新映画 (12)
芸能人 (43)
未分類 (5)

カテゴリ

自己紹介 (3)
映画 (117)
テレビドラマ (2)
最新映画 (12)
芸能人 (43)
未分類 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR