FC2ブログ

うろぱす副船長のYAHOO映画レビューの加筆・修正

右寄り保守系軍事オタクの映画評。感想は辛口ですが映画への愛情の裏返しです

野坂昭如 死す

野坂昭如 死す

 小説「火垂(ほた)るの墓」などで知られる作家で、「焼け跡闇市派」を自任する傍ら、歌手やタレント、元参院議員として幅広く活躍した野坂昭如(のさか・あきゆき)さんが9日午後10時半ごろ、心不全のため東京都内の病院で死去した。85歳だった。密葬は近親者で営む。本葬は年内に営む。喪主は妻暘子(ようこ)さん。


 1930年、後に新潟県副知事になる父相如(すけゆき)、母ヌイの次男として鎌倉に生まれ、間もなく母が亡くなったため、神戸市で貿易会社の支配人を務める親類へ養子に出された。

 神戸市立第一中在学中の45年、神戸大空襲で家を焼かれ、養父は死亡。疎開先の福井県では義妹を栄養失調で失う。この時の体験は「火垂(ほた)るの墓」のモチーフとして生かされている。47年に上京したが、万引きなどが発覚し、少年院に入れられた。この年実父に引き取られ新潟へ。野坂の姓に戻った。

 49年新潟大教育学部新発田分校に入学するが3日後に退学した。50年、早稲田大文学部仏文科に入学。古着の行商など、さまざまなアルバイトを経験した。在学中から三木鶏郎(みき・とりろう)音楽事務所、後の「冗談工房」で事務員を務め、やめてからコント執筆を開始した。授業料滞納で大学を除籍後、CMソングの作詞を始め「セクシー・ピンク」など多くのヒット曲を生んだ。

 61年からコラムニストとして活躍しだし、63年「エロ事師たち」を連載、三島由紀夫、吉行淳之介らに絶賛され、作家として注目される。同年、作詞した「おもちゃのチャチャチャ」でレコード大賞童謡賞を受賞。

 68年「アメリカひじき」「火垂るの墓」で第58回の直木賞を受賞した。「真夜中のマリア」「マリリン・モンロー・ノー・リターン」などの小説を発表、七五調の歯切れのいい独特の文体で人気を呼び、人気作家となったが、72年編集長をしていた雑誌「面白半分」に永井荷風作と言われる「四畳半襖の下張」を掲載したことで、わいせつ文書販売等の罪で起訴され、有名作家を次々と呼ぶ法廷戦術は話題となった。74年参院議員選挙に無所属で東京地方区から立候補し落選。東京高裁、最高裁と争われた「四畳半」裁判は80年有罪が確定した。

 83年参院比例代表に二院クラブから名簿記載順位1位で立候補し当選したが、同年田中角栄元首相の選挙区、衆院旧新潟3区から無所属で立候補、落選した。

 ほかの主な作品に「骨餓身峠死人葛」「水虫魂」「死小説」「自弔の鐘」(毎日新聞連載)、三島由紀夫論の「赫奕(かくやく)たる逆光-私説・三島由紀夫」などがある。

 野坂さんは、2003年に脳梗塞(こうそく)で倒れたあと、自宅でリハビリを続けながら、本紙朝刊くらし面で、07年2月から「七転び八起き」の連載をスタート。今年3月まで200回にわたり、平和への思いなどをつづった。連載には、妻暘子さん撮影の、野坂さんの近況を伝える写真が添えられていた。(毎日新聞)


私のような右寄り保守系市民から見れば野坂昭如は左側の人間でしかないですからね。
「火垂るの墓」なんて自虐的歴史観以外の何物でもないのです。かなり以前の話だがあるテレビ番組で旧軍出身の自衛隊幕僚長と対談し”自衛隊の戦車なんか何の役にも立たない。全ての国民に対戦車砲を与えたほうがよほど戦力になる”という趣旨の発言をしたのです。

これって毛沢東の人民戦争的発想そのものなんですよ。共産主義の軍事の考え方であり野坂昭如という人間の一面がはっきりと垣間見えた瞬間でもあった。野坂昭如は人民戦争が国土を灰燼と帰し多くの国民を犠牲にする戦争だという事を理解出来ていたのだろうか・・・、ベトナム戦争の教訓なんか全く学んでいなかったに違いない。

だが、野坂昭如最大の事件と言えばテレビカメラの前で大島渚をぶん殴った事だろう・・・


まぁ、他の事なんかこの事件に比べれば小さな事であった。
これは正に左翼お得意の内ゲバにしか見えなかった・・・・(爆


スポンサーサイト



  1. 2015/12/10(木) 19:16:20|
  2. 芸能人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

うろぱす副船長

Author:うろぱす副船長
うろぱす副船長と申します。
以前からYAHOO映画レビューを書かせて頂いておりますがYAHOO映画では過去記事の訂正や加筆・修正が出来ないのでこちらであらたに書き直したいと思っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

自己紹介 (3)
映画 (117)
テレビドラマ (2)
最新映画 (12)
芸能人 (43)
未分類 (5)

カテゴリ

自己紹介 (3)
映画 (117)
テレビドラマ (2)
最新映画 (12)
芸能人 (43)
未分類 (5)

カテゴリ

自己紹介 (3)
映画 (117)
テレビドラマ (2)
最新映画 (12)
芸能人 (43)
未分類 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR