FC2ブログ

うろぱす副船長のYAHOO映画レビューの加筆・修正

右寄り保守系軍事オタクの映画評。感想は辛口ですが映画への愛情の裏返しです

隆大介、スコセッシ映画契約を即時解約された模様

隆大介、スコセッシ映画契約を即時解約された模様

 台湾の検察当局が23日までに、映画「影武者」などに出演した俳優、隆大介容疑者(58)を傷害などの疑いで拘束した事件で、隆容疑者はマーティン・スコセッシ監督の最新作に出演するため訪台していたことが分かった。しかし、「映画製作側は出演契約を即日解約した」と複数の台湾メディアが報じている。

 当局や地元メディアによると、隆容疑者は21日、日本から台湾の桃園国際空港に到着しようとした際、入境カードへの記入や酒気検査を求めた職員のヒザを蹴り、骨折させた疑い。酒に酔っていたとみられる。

 台湾では「韓国籍芸人・隆大介、本名・張明男が入国審査で大暴れ」などと大きく報道されている。巨匠「馬丁史柯西斯(マーティン・スコセッシ)」監督が25年もの構想を経て、遠藤周作の「沈黙」を映画化し、撮影現場が台湾ということで大盛り上がりだった。しかし、「小さな役」の隆容疑者が事件を起こしてしまった。

 複数の台湾メディアは「この映画では、1月末に台北市内の撮影スタジオでセットの建物が崩れる事故が発生し、作業員が1人死亡。1月30日に予定されていたクランクインは延期された。今回の隆容疑者の事件で、またもや横やりが入った」などと報じている。

 現在、隆容疑者の公式サイトは削除されている。隆容疑者は故黒澤明監督の「影武者」(1980年)の織田信長役で、ブルーリボン賞新人賞を受賞。NHK大河ドラマに多数出演。昨年公開された映画「幕末高校生」や、観月ありさ主演のテレビドラマ「出入禁止の女~事件記者クロガネ~」(テレ朝系)の最終回に出演するなど、貴重な脇役として活躍していた。
(東スポ)


隆大介が台湾で身柄拘束された件
どうやら大事になってしまったようです。メディア報道によれば実刑もあり得るとの事です。マーティン・スコセッシ監督最新作への出演ですが製作サイドから即時解約されてしまったようです。ハリウッドは日本の芸能界とは違い社会正義に非常に厳しいですからね。当然の成り行きです。もうハリウッドからのオファーは来ないと思ったほうがいいです。

全く馬鹿な事をしてしまいましたね。これまで積み上げてきた役者人生を自分でぶち壊したのです。少し冷静に我慢すればこんな大事にはならなかったのに・・・・

酒はほどほどに
スポンサーサイト



  1. 2015/03/24(火) 17:28:14|
  2. 芸能人
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

隆大介、台湾で大暴れ身柄拘束

隆大介、台湾で大暴れ身柄拘束


俳優の隆大介さんが21日、台湾の空港で係員に暴行し、傷害と公務執行妨害の疑いで拘束された、と所属事務所が22日、発表した。台湾メディアによると、隆さんは台湾北部の桃園空港に到着した際、入境カードの記入を拒んで係員に暴行。係員はひざの骨が折れる大けがを負った。

 所属事務所は「ご迷惑をおかけし、申し訳ない」としている。隆さんは機内で酒を飲んでいたという。所属事務所によると、隆さんは私的な旅行で1人で台湾を訪れた。一方、台湾中央通信は映画撮影のために訪台したとしている。

 隆さんは、黒沢明監督の「影武者」に織田信長役で出演。ほかにも、映画「踊る大捜査線 THE MOVIE」やNHKの大河ドラマ「軍師官兵衛」に出演している。


隆大介が台湾で大暴れし身柄拘束されたようです。
マーティン・スコセッシ監督の最新作に出演するために台湾へ行ったようですが・・・。この映画は名優リアム・ニーソンも出演するそうで無事に出演できれば彼としても世界に飛躍出来る絶好のチャンスのはずです。しかし、この一件でどうなるでしょうか・・?

飲酒していたとの報道もあります。いずれにせよ馬鹿な事をしましたね。虫の居所が悪かったか、魔がさしたのか。
隆大介と言えば昭和55年に公開された黒沢映画「影武者」で織田信長を演じて注目されました。当時22歳、この若さで黒沢監督に認められ大役を射止めたので役者として順風なスタートでした。その後も映画やドラマで渋い役柄を演じ決して派手ではないが役者として確実に地位を固めていました。

隆大介が尊敬する仲代達矢は絶対にこんな馬鹿なことはしませんよ。
才能ある人材だけに勿体ないですね。人間、冷静さが一番重要です。
  1. 2015/03/23(月) 20:12:15|
  2. 芸能人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「激動の昭和史 沖縄決戦」

激動的昭和史_沖繩決戰[1]
激動の昭和史 沖縄決戦

公開 1971/7
脚本:新藤兼人 監督:岡本喜八
出演:小林桂樹 丹波哲郎 仲代達矢 池部良 地井武男 寺田農 高橋悦史 鈴木瑞穂 加山雄三 酒井和歌子 天本英世 藤原釜足 大空真弓 丘ゆり子 川津祐介 大谷直子 藤岡重慶 神山繁 石山健二郎 岸田森
脚本担当の新藤兼人の世界観がよく分かる
うろぱす副船長評価 55点
2015/3現在 YAHOO映画レビュー得点 3.88点


昭和46年公開で東宝戦争映画8・15シリーズとしてはかなり後期の作品です。
監督は「日本のいちばん長い日」の岡本喜八。同じ戦争末期の日本を描いた作品ながらこの二つの映画はかなり印象が異なる。橋本忍が脚本担当した「日本のいちばん長い日」では青年将校の暴走を描きつつも国を想う軍人達の清潔な精神が描かれていた。しかし「激動の昭和史 沖縄決戦」では日本軍はかなり冷血に描かれている。これは本作の脚本を書いた新藤兼人の世界観だろう。

もともと新藤兼人の脚本(原案)では日本軍による女性へのレイプシーンなども描かれていたらしいが映像化ではこれらの部分は大半が省略されたらしい。日活や東映ならこれらのシーンは撮られたかもしれないがどちらかと言えば保守的史観の強い東宝では無理だったのだろう。それでも「沖縄決戦」に登場する日本軍は沖縄を見下し見殺す下劣な軍隊として描かれており日本軍を肯定的に描く東宝戦争映画としてはかなり特異な作風と感じる。「沖縄決戦」は正に新藤兼人の映画だったのだ。「日本のいちばん長い日」は重臣や軍部中心に描かれ庶民はほとんど登場しないが「沖縄決戦」では戦火に翻弄される沖縄県民が主人公として描かれ新藤の視点がはっきり理解出来る。

それもあってか「沖縄決戦」は東宝戦争映画としては珍しく左翼的な雰囲気さえ感じられる。
私が一番強く印象に残ったのが壕に追い詰められた民間人を日本軍が追い出そうとするシーンだ。このシーンで大谷直子が日本兵に向かって”あなた達は帝国軍人でしょう!”と一喝する。この映画、沖縄が日本に返還される前年に公開されている。新藤はこのシーンで沖縄が本土の犠牲になったことを訴えたかったのでしょう。その想いは保守派の私にも分かる。日本軍が沖縄を守れなかったのは明白な歴史的事実だ。今も沖縄県民が軍に対してどうしようもない不信感を抱いているこの現実から眼をそらせば問題は何も解決しない。沖縄県民の心が本土から離れてしまえば得をするのは中国だけですからね。

「沖縄決戦」が他の東宝戦争映画と雰囲気がかなり異なる別の理由の一つに配役のキャステイングがあると思います。
本作には三船敏郎以下、山村聰、志村喬、藤田進、佐藤充、平田明彦といった東宝戦争映画の常連がほとんど出演していない。それまで東宝戦争映画にはあまり馴染みのなかった丹波哲郎、小林桂樹、仲代達矢が主役となることで従来の東宝作品とは人の面からも違った作風になったのでしょう。

沖縄戦の悲惨な現実を描いた「激動の昭和史 沖縄決戦」
新藤兼人の製作意図はよく理解出来るが映画自体の評価は私としてはあまり高くないのです。何だか沖縄戦のダイジェスト版のような印象で「日本のいちばん長い日」のような圧倒的な感動が感じられない。戦闘シーンも同じような演出の繰り返しばかり、しかも軍事的常識を無視した稚拙な演出となってしまっている。米軍の描写もステレオタイプだ。沖縄戦では米軍も甚大な損害を出した。そのあたりも深く掘り下げて描いてほしかった。配役陣も皆、いい演技をしているだけに勿体ない作品でもある。もうちょっと詰めてくれればよかったのですが・・

補足
1)撮影には自衛隊が協力しており日本映画としてはそれなりの迫力だが外国戦争映画と比較すれば貧弱さは否定し難い。岡本喜八自身、本作の撮影に関して製作予算の少なさを嘆いていた。この時期の他の日本映画と同じく米軍側の考証はかなり誤りが認められる。米軍戦車役で登場する自衛隊戦車には自衛隊の車両番号が付いたままで軍事マニアとしては相当な不満が残る。せめて米軍戦車のような塗装にしたり☆マークを付けるなどの演出をして欲しかったところだ。
m4.jpg

「激動の昭和史 沖縄決戦」に登場した陸上自衛隊のM4A3E8
「イージーエイト」の通称で知られるM4系列の最終発展型で陸自には約250両供与され昭和47年まで現役にあった。朝鮮戦争では北鮮軍のT34/85と互角に戦うなど性能は極めて優れており草創期の陸自機甲戦力の主力として活躍した。昭和34年に公開された小林正樹監督「人間の条件」でも陸自のM4A3E8が登場したが本作の主演は仲代達矢であった。仲代達矢はM4A3E8とご縁があるようだ。但し実際の沖縄戦を含め対日戦ではM4A3E8は使用されなかった。


2)「激動の昭和史 沖縄決戦」は日本軍の考証にも甘さが見られる。
八原高級参謀が長参謀長を”参謀長殿”と呼ぶシーンがある。日本陸軍では大佐までは”殿”を付けたが将官には”閣下”という敬称を付けた。正しくは”参謀長閣下”だ。また、海軍で副官が太田司令官を”閣下”と呼んでいるが海軍では陸軍と異なり”閣下”という敬称は一切使わなかった。この場合、正しくは”司令官”だ。初期の東宝映画ではこのようなミスはなかったのだが40年代後半になると戦争や軍隊を知らないスタッフが増えてきたのだろうか・・・

3)山本薩夫が監督した日活映画「戦争と人間」では日本軍の高級軍人はエイリアンのような軍国主義者であったが「沖縄決戦」では小林桂樹演じる牛島満軍司令官以下、軍幹部もかなり人間味ある演出だ。ここに山本薩夫と新藤兼人の日本軍人に対する認識の違いがはっきり分かるポイントがある。共産党支持で知られる山本にしてみれば日本軍は全てが悪であった。「戦争と人間」では日本軍を徹底的に悪役として描く為、明らかに誇張した部分が散見された。しかし、新藤は戦争の残酷さや軍部の矛盾は直視しつつ史実の人物像を決して歪曲する意図はなかったのだ。

4)出演者の中では長参謀長を演じた丹波哲郎が素晴らしい個性と存在感を出していた。
実在の長参謀長も豪胆な軍人であり丹波はよく雰囲気を出していた。牛島軍司令官を演じた小林桂樹も実在の軍司令官の大人の風格を見事に醸し出していた。後年製作された「連合艦隊」で山本五十六を演じたがこちらはやや役不足だったが「沖縄決戦」の牛島軍司令官は非常に良かったと思う。

島田沖縄県知事を演じた神山繁も実在の島田知事に非常に風貌が似ている。”足切らないで~、お嫁に行けなくなる”と絶叫するひめゆり女子学徒隊員を演じた酒井和歌子も忘れられない。コミカルな女郎”辻町のシーチャン”を演じた丘ゆり子はこの映画全体に強烈なインパクトを残す。彼女は主演作は少なく早期に引退したようだが・・・

5)地下壕にある野戦病院で危険なガスを放出させるシーンで女子学生が歌うのは沖縄師範学校女子部の校歌だそうです。

6)米軍が沖縄本島に上陸する直前、沖縄中飛行場から誠第三十二飛行隊”武克隊”が出撃するシーンが描かれている。この逸話は事実に基ずいており隊長の広森中尉も実在の人物である。ここでは一式戦「隼」のようなレプリカの戦闘機が登場するが実際の武克隊が使用したのは九九式襲撃機であった。

7)本土から米軍飛行場に強襲攻撃する義烈空挺隊のシーンでは米軍戦闘機のレプリカが登場する。どうやらF6F「ヘルキャット」をイメージしているようだがなかなか感じが出ていた。

8)沖縄戦を巡る歴史認識でよく話題となる日本軍が住民に集団自決を強制したのかどうか、という問題に関しては「沖縄決戦」は直接的な説明は敢えて避けた感じである。慶良間列島での集団自決でも少し曖昧な表現に留まっている。


  1. 2015/03/22(日) 09:24:55|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

映画「時をかける少女」の感想

時をかける少女

公開 1983/7
原作:筒井康隆 製作:角川春樹 監督:大林宣彦 音楽:松任谷正隆 主題歌:松任谷由美
出演:原田知世 高柳良一 尾美としのり 岸部一徳 根岸季衣 上原謙 入江たか子
80年代邦画青春映画の不滅の名作

うろぱす副船長評価 90点
2015/3 YAHOO映画レビュー得点 3.98点


剛力彩芽がデビューした時、誰かに似ているなぁ~、と思ったのですが「時をかける少女」に出演した時の原田知世でしたね(ソチ五輪の羽生弦も似ている)。

「転校生」に次ぐ大林宣彦監督の尾道シリーズの第二作目で1983年公開
私は大学入学直後に見た。10代の性を明るくコミカルに描いた「転校生」はそれまでの私の映画観を根底から覆す衝撃作であり同じ大林監督の「時をかける少女」は公開前から大きな期待を持っていた。「時をかける少女」は私の期待に完全に応えてくれた素晴らしい作品でした。たしかに原田知世や高柳良一は演技が上手かったとはとても言えない。

むしろ素人のセリフ棒読み状態。「転校生」では芸達者の小林聡美と尾美としのりが見事なプロの演技を見せてくれたが「時をかける少女」はその点で前作には及ばなかったかもしれない。しかし、本作が持つ素晴らしい魅力と感動は不変なのだ。モノクロ映像で描かれたスキー場のシーンから映画の世界に引き込まれる。自分が出演する生徒たちの同級生の一員になったかのようだ。

尾道の美しい海と空がなければ尾道シリーズは生まれなかった


「転校生」同様、尾道で生まれ育った大林監督が愛してやまない故郷・尾道の風情が圧倒的に美しく描かれている。尾道シリーズは何回見ても尾道の魅力にはまってしまう。尾道の青い海と蒼い空がスクリーンに映える。私も幾度となく尾道を訪れ映画のロケが行われた場所を見学した。

oo1.jpg

向島行の渡船乗り場
尾道の風情に渡船は欠かせない。大林宣彦監督の尾道シリーズにも渡船は度々登場する。


「時をかける少女」の原田知世は「ローマの休日」のオードリー・ヘップバーンにも匹敵する魅力


演技は決して上手くはなかったが本作での原田知世は可憐で観る者全てを魅了する。
大林宣彦は後年、”撮影時の原田知世は年齢的にもベストマッチだった、あと半年早くても半年遅くてもあの魅力は出せなかっただろう”と回想している。それほど「時をかける少女」での原田知世は適役でありそのデビュー作のイメージがあまりにも強かったのでその後の女優人生で固定化されたイメージからの脱却には苦労したと思います。しかし、多くの映画ファンにとって本作でヒロインを演じた原田知世の想い出は生涯消える事はないでしょう。「ローマの休日」のオードリー・ヘップバーンのように・・・

今見ても公開当時を思い出させてくれる名作です。

補足
1)「時をかける少女」の公開から20年以上経って公開された「ALWAYS 三丁目の夕日」のオープニングシーンは本作へのオマージュだろう。

2)ゲスト出演した上原謙と入江たか子の重厚な存在感が映画に花を添えた。

3)「時をかける少女」は長きに渡り多くのファンに支えられ何度も映像化されてきた。
21世紀になって製作されたアニメ版もかなりの高評価であったが原田知世版をリアルタイムで見た私にとってはやはり原田知世版が最高です。

4)デビュー作がこれほど強烈なイメージな女優はそんなに多くない。
だって、吉永小百合のデビュー作を知っている人は幾人いるでしょうか・・・?
しかし、原田知世のデビュー作は映画ファンなら誰でも知っている。それほど「時をかける少女」の原田知世のイメージは公開から30年以上の時を経ても強烈なのです。


  1. 2015/03/13(金) 20:07:21|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2015 日本アカデミー賞の感想 納得は”アナ雪”のみ

2015 日本アカデミー賞の感想 
納得は”アナ雪”のみ


最優秀作品賞:「永遠の0」
最優秀監督賞:山崎貴(「永遠の0」)
最優秀主演男優賞:岡田准一(「永遠の0」)
最優秀主演女優賞:宮沢りえ(「紙の月」)
最優秀助演男優賞:岡田准一(「蜩ノ記」)
最優秀助演女優賞:黒木華(「小さいおうち」)
最優秀脚本賞:土橋章宏(「超高速!参勤交代」)
最優秀撮影賞:柴崎幸三(「永遠の0」)
最優秀照明賞:上田なりゆき(「永遠の0」)
最優秀美術賞:上條安里(「永遠の0」)
最優秀録音賞:藤本賢一(「永遠の0」)
最優秀編集賞:宮島竜治(「永遠の0」)
最優秀音楽賞:周防義和(「舞妓はレディ」)
最優秀外国作品賞:「アナと雪の女王」
最優秀アニメーション作品賞:「STAND BY ME ドラえもん」
新人俳優賞:池松壮亮、上白石萌音、小松菜奈、登坂広臣、能年玲奈、福士蒼汰
話題賞:作品部門「るろうに剣心 京都大火編」「るろうに剣心 伝説の最期編」、俳優部門:岡田准一(「永遠の0」)


まぁ、何と言うか最近の日本映画の貧弱さを証明するような2015日本アカデミー賞の結果でした。
「永遠の0」は私としては75点ぐらいの感想でとても90点は付かなかったのですが。他の作品はもっと低評価なので消去法で消していくと「永遠の0」しか残らなかったという事でしょうか・・・、世間の皆様も大方同様だとお察し致します。

今年の受賞で納得したのは「アナと雪の女王」のみ、これってディズニー作品ですけどね。




  1. 2015/03/02(月) 18:33:39|
  2. 最新映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

うろぱす副船長

Author:うろぱす副船長
うろぱす副船長と申します。
以前からYAHOO映画レビューを書かせて頂いておりますがYAHOO映画では過去記事の訂正や加筆・修正が出来ないのでこちらであらたに書き直したいと思っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

自己紹介 (3)
映画 (117)
テレビドラマ (2)
最新映画 (12)
芸能人 (43)
未分類 (5)

カテゴリ

自己紹介 (3)
映画 (117)
テレビドラマ (2)
最新映画 (12)
芸能人 (43)
未分類 (5)

カテゴリ

自己紹介 (3)
映画 (117)
テレビドラマ (2)
最新映画 (12)
芸能人 (43)
未分類 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR